オーストラリア・ワーホリ&留学で
稼ぎながら英語を劇的に伸ばしませんか?

実はオーストラリアに到着してからが大変なワーキングホリデー(ワーホリ)&留学!
到着日からハウス、お仕事、学校、コミュニティー紹介など、今までにない安心のトータルサポートのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学サービス!

お得キャンペーン実施中

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学
無料フルサポートプラン

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学でオーストラリア到着後に待ち受けているお仕事探し・シェアハウス探し・その他生活サポートなど、ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学で日本人がオーストラリアで局面する課題点を全てサポートいたします!

ワーホリ 無料サポート
お客様一人ひとりに一人ひとりに担当のカウンセラーが付きます

あなたのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学をオーストラリア現地オフィスの担当カウンセラーがお電話、LINE、オフィスで直接、無料で相談&サポートさせていただきます!

ワーホリ 無料サポート
ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ、学生ビザを取得代行いたします

個人申請でのトラブルが多いワーキングホリデー(ワーホリ)&留学ビザ申請。
専任のスタッフがお客様のワーキングホリデー(ワーホリ)&留学ビザ申請を代行させていただきますのでご安心ください。

さらに!安心充実のワーキングホリデー(ワーホリ)&留学サポート内容


ワーホリ生活サポート

・携帯電話手配、銀行口座開設、ビザ取得
・在住届け、タックスファイルナンバー
・お仕事探し用の英語履歴書の作成
・英語コミュニティー・イベント紹介

詳しくみる


お部屋手配

・シェアハウス手配
・ホームステイ手配
・ホテル手配
・バックパッカーズホステル手配

詳しくみる
お仕事サポート


お仕事サポート

・パートタイムジョブ
・フルタイムジョブ
・有給インターン
・ファームジョブ

詳しくみる


学校手配

・短期から長期まで語学学校の手配
・学生ビザを利用した滞在延長
・TAFEなどの専門学校
・大学手配

詳しくみる

オーストラリアへのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学に
こんな不安抱えていませんか?

英語できない私がオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)に行っても大丈夫なの?

オーストラリアワーホリ到着後すぐに自分の希望の仕事を見つかられるか不安

オーストラリアワーホリ中に友達ができるか不安!

英語スキルを劇的に伸ばしたいからオーストラリアでのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学中は日本人コミュニティーを避けたい

オーストラリアワーホリ到着後住まいをどうやって探せばいいか分からない

ホテルやバックパッカーズでなくてオーストラリアワーホリ到着初日から安心できるお部屋に入居したい

最近流行りのフィリピン留学にいってからオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)に行きたい

セカンドワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ取りたいが条件が良くて安心できるファーム探しに困っている

オーストラリアワーキングホリデー(ワーホリ)での滞在都市選定に悩んでいる

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学中に資格やキャリアを伸ばして日本に帰国したい

こんな不安を全て解消できる安心のワーキングホリデー(ワーホリ)&留学サポート!

あなたのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学を
最高のプランニングで最高の時間に​

ここがポイント

Point.1
実は手数料無料のワーキングホリデー(ワーホリ)&留学エージェントよりお見積りがお安くなります

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学のサポート費用としていただく費用以外は全て原価コストでの提供になります。不自然なお見積り金額になることが一切ありません。

Point.2
オーストラリア現地オフィスがワーキングホリデー(ワーホリ)&留学渡航後も安心のサポート

オーストラリアでのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学中に万が一の事態に遭われた場合でも、オーストラリア現地オフィスに駆け込んでいただければもちろん無料で相談&サポートさせていただきます!

Point.3
実は大変!!ホームステイからのシェアハウスへの引っ越しとハウス探し

オーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)&留学で渡航後ホームステイ1ヶ月滞在して移動する引っ越しコストと手間を初めからシェアハウスに入れることで節約でき、到着後すぐにオーストラリア現地生活をスタートできます。

Point.4
資料準備や銀行口座開設・携帯電話のことなども全て解決!

オーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)&留学で到着後、在住届けやTFNの申請、銀行口座の開設、携帯電話のSIMカード購入など1人では大変な作業が沢山!すべて無料でサポートしております。

オーストラリアでのお部屋の手配

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学でオーストラリア到着当日から入居できるシェアハウスやホームステイ、バックパッカーズなど全てのタイプでお客様のご希望タイプのハウス手配をしております。
*ホームステイをご希望の方は別途費用が必要になります。

自分で1ヶ月~2ヶ月もかけてシェアハウスを探しに行く時間と手間を短縮できます!

ホームステイ後にどうせシェアハウスに移動しなくてはいけないので、それなら初めからシェア♪

ハウスへ入居できるので引っ越しの手間も時間も費用もかからないので楽チン!

シェアハウスは家賃がホームステイの半分になるので費用も抑えられます。

1人部屋から4人部屋まで自分の好きな部屋タイプを予算の中で選べられます。

オーストラリアでのお仕事探しサポート

レストラン&カフェなどのお仕事

バーから一般的なレストランまで幅広いジャンルでのご紹介が可能です。
オーストラリア独特のカフェ文化!接客からコーヒーを淹れることまでチャレンジして頂けます。

美容師やネイリスト

オーストラリアに来て現地のヘアサロン・ネイルサロンなどでのお仕事にもチャレンジして頂けます。

日本食レストラン

英語が苦手だけどお仕事はすぐにスタートしたい!という方でも問題ありません!
日本食のレストランで到着後できるだけ早くスタートしていただけるようにサポートしております。

有給インターンシップ

ホテル有給インターンシップ勤務で6ヶ月間がっつりお仕事されたい方にもサポートしております。

*別途費用が必要になります。

オーストラリア、フィリピンの学校の手配

オーストラリア留学

オーストラリア全土で語学学校手配が可能です!

シドニー・メルボルン・ゴールドコースト・ブリスベンなどの大都市から郊外に位置する学校までオーストラリア内の全ての学校での手配が可能です!
お申込みから入学手続きまでお客様の学習の目的にしっかり沿えるように事前カウンセリングにて学校の選定からフルサポート致します!

大学やTAFEなどの専門学校などの入学もサポート!

中長期でオーストラリアでしっかり勉強したい方も学生ビザの取得から入学後のサポートまで完全サポート!ワーキングホリデーからのステップアップでしっかりキャリアUPして日本にも帰国して頂けます。

資格取得やプライベートスクールなどの手配も充実!

ヨガやマッサージ・コーヒースクールなど様々な資格を習得したい方に対してのサポートも充実しております。TOEICやIELTSなどの英語検定試験などの点数を取得したい方にも人気高い学校をお勧めしています!

フィリピン留学
マンツーマン、3食・滞在費込み・月12万円〜

フィリピン全土での語学学校の手配サポート

フィリピンのセブ島・マニラ・クラーク・バギオなどフィリピン全土での語学学校の手配サポートを提供しています。お客様の目的に合った最適な学校をカウンセリングの中で提案させて頂きます。近年フィリピンの語学学校が多すぎて選べない!という方はまずはお気軽にメッセージ下さい♪

TOEIC800点、IELTS5.5保証コースなども目的に合わせた学校も!

しっかり英語検定の点数を取って就職に役立てたい!点数を取って留学や次のステップに進みたい方などにも最適なフィリピン留学!もちろん英語が全くダメ!という方にも最短で基礎英語を学べる学校の手配も可能です!

とにかく英語が伸びるフィリピン留学!

フィリピン留学ならではのマンツーマンレッスンで驚くほどの速さで英語の基礎能力、何と言ってもスピーキング能力が驚くスピードで上がります!
オーストラリアにワーホリに行く前の準備にも、ワーホリから日本への帰国前に最後の仕上げに大人気のフィリピン留学です!

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学サポートの流れ

Step.1
まずはLINEやメールにて質問や相談スタート

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学渡航希望日や語学学校、ハウスの手配、ビザの申請など質問や疑問点をまずは全てクリアに!日本人中国人韓国人スタッフの留学ワーキングホリデー(ワーホリ)経験者とヒューマンリソース経験者がオーストラリアから現地タイムリーな情報も含めてご提供!

Step.2
お客様1人につき1人のワーキングホリデー(ワーホリ)&留学のプロフェッショナルの専属スタッフが付きます

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学渡航までに不安で心配な事など全てLINEやメールなどで無料で相談を受けています。
この段階でほとんどオーストラリアワーキングホリデー(ワーホリ)&留学での目的や目標などを一緒に詰めてプランニングいたします。渡航にかかる費用の見積もりを作成いたします。
*スタッフは全員日本語を話せますのでご安心ください。

Step.3
お申込み

インターネットから簡単お申込みで、ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学専属スタッフとプランニング&サポートスタートして頂けます。
学校・ハウス・ビザなど全てのご希望項目をLINE、電話などのワーホリカウンセリングを通じて決めていきます。

Step.4
家賃やその他必要雑費などをオーナーや学校に支払う。

ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学エージェントが仲介をすることによって費用を水増ししている良く心配される問題をクリアにするため、費用の支払いに関しては直接支払い先の学校やオーナーまで支払っていただけるように全てサポートさせていただきます。

Step.5
出発までワーキングホリデー(ワーホリ)&留学、お客様の目標への準備を余裕を持って進めます

事前に準備することは意外と多いのがワーキングホリデー(ワーホリ)&留学。準備をしっかりサポートしてあなたの目標に少しでも早く届くようにサポートいたします。
担当スタッフと日本から持ってきたほうがいい準備物や、ワーキングホリデー(ワーホリ)&留学でオーストラリア到着後のスケジュールなど綿密に決定していきます。

Step.6
出発

いよいよワーキングホリデー(ワーホリ)&留学でオーストラリアへ!
スタッフ一同、無事の渡航をお祈りしております。

Step.7
到着後は充実の生活サポートで現地生活の基盤作りを

空港ピックアップ、ハウスへの入居、その後携帯や銀行口座の開設など、オーストラリアワーキングホリデー(ワーホリ)&留学の生活基盤を一気に進めます。

Step.8
継続した生活サポートで稼ぎながら英語とキャリアアップ!

学校や仕事など実際にスタートされても、悩みが尽きないのが海外生活です。
その都度、LINEなどやメールにてお気軽に連絡いただけますとあなたのワーキングホリデー(ワーホリ)&留学専属スタッフがサポート致します。

Step.9
稼ぎながら英語が上達でき、次のステージへ

そのままオーストラリアに残って次のステップに挑むのか?日本に戻って英語を強みにしたお仕事に付くのか?オーストラリアで結婚!?全てアナタ次第です!
我々はお客様の背中をそっと押していけるような存在で応援させていただきます。

ワーホリ体験者の声

S.Asukaさん

カップルルームもワーホリでオーストラリア到着後すぐ入居できて、学校生活がスムーズにスタートできました

ずっと海外に住んでみたかったんですが、なかなか一歩が踏み出せず色んなワーホリエージェントに問い合わせして費用や、サポート面、特に学校をどこにしたらいいのか?を3ヶ月くらい色々迷っている期間がありました。
本当に仕事辞めるまでに色々悩んだのが正直なところです。
でも、「もう辞める!ワーホリでオーストラリア行く!」と決めてからは担当のスタッフさんと3日くらいでオーストラリアワーホリでの進路や今後のプランなど一気に決められたので大変良かったです。

ファーストクラスでお願いしてよかった点はワーホリ渡航後も一人に一人専門スタッフの人がついてLINEなどでずっとサポートしてくれる点でした。
なので、ワーホリでオーストラリアに着いてからも、家の入居日や学校がスタートした後でもこまめに連絡が取れるのは大変助かりました。
彼氏が仕事を辞めて、ワーホリでオーストラリアに来ていて2人ともそこまで貯金も無かったので、すぐに働けるところを紹介してもらえるのは凄く助かりました!!!
私は1日2食でいいけど、彼は3食食べるので、バイト先の賄いで済ませてくれるので助かっています(笑)
ワーホリサポートありがとうございます。
これからもお願いします。

H.Shokoさん

ワーホリビザの申請代行で、一気にオーストラリアに行く気分も準備もできました!

友達からオーストラリア住みやすいし、ワーホリビザも簡単に取れるし、稼げるし行ったほうがいいよ!とずっと言われ続けていたけど、ワーホリビザ申請が英語でずっとつまずいていました。
「お母さんをどうワーホリを説得しようかな?」心配する両親に対しても安心させる必要があったので、ワーホリエージェントを探す時は友達の意見を聞きながらスタッフの対応を見ながら決めました。

友達からの紹介でFirstClassさんにお願いして、ワーホリビザ申請もクレジットカード情報打ち込むところまで全て代行でやってくれるので本当に助かりました。しかも無料ですし!
ワーホリビザを取ると、もう本当にワーホリでオーストラリアにいくんだなぁー!と毎日楽しくなって準備もスタッフさんと相談しながら、ワーホリマニュアルももらい楽しみながら進められました♡

学校はフィリピン留学でSMEという学校で2ヶ月勉強してから、オーストラリアでも2ヶ月セルクという学校にいきました!英語なんて全く話せませんし書けなかった私が、今ではオーストラリアでフランス人の彼氏と仲良くやってます。(奇跡w)
今はビジネス英語を勉強したいので、レストランで働きながらお金を貯めていますよ!

オーストラリアは新しい事どんどん挑戦できますし、ワーホリに来てよかったしFirstClassさんに感謝です。
お世話になりました♡

T.Takaoさん

不安だったのは、住むところと金銭面!本当にパーフェクトなワーホリサポートで助かりました!

日本で仕事を辞めて、オーストラリアにワーホリで行く決心をしてから1番不安なところは金銭面でした。いくらあったら足りるのか?家賃とか食費とか今の予算できちんと支払っていけるのか?渡航前は凄く不安になっていたのを覚えています。
オーストラリアに到着後もオーストラリアでワーホリサポートしてくれるのは日本にオフィスがあるワーホリエージェントと違って良いポイントです!ワーホリでオーストラリアに来てからこんなに困難があるとは予想もしてなかったからです。。。
私は極度の潔癖性で、初めに紹介してくれたシェアハウスで住んでいくことができなくて、
少し家賃が高くてもいいからオウンルームに変更してしほしいということでサポートしてもらいました。すぐに少しシティーからは離れますが、オウンルームで280$/週の極度な潔癖症な私でも満足できるお部屋を紹介してもらえました。

良いところは私の希望予算や全てサポートしてくれるというところでした。他のワーホリエージェントは返信が遅かったので、すぐにLINE電話で質問できるのも良かったです!
無料のワーホリ生活サポートサービスでは担当のスタッフがずっと着いてくれるので安心です。
ありがとうございました!

T.yutoさん

ワーホリは人生変えます!稼げます!英語もワーホリ1年で大分話せるようになりました!

大学を卒業して就職せずに、ずっと行ってみたかったワーホリでオーストラリアに来ました。僕は全く貯金がなかったので(本当に30万円くらい)ワーホリでオーストラリアに着いてすぐにスタートできる仕事を手配してもらいました!
お陰さまで餓死せずに生き延びられました(笑)
カフェのお仕事で時給が18$だったので月に20万円少しは貯金できて、そのままお金を貯めてTAFEという専門学校に進学しようと決意しました。
その後セカンドワーホリビザを取るためにファームを紹介してもらい、メロンファームに行きました。ファームでは時給21ドルでここでは驚きの月30万円以上は貯金ができて、ワーホリ2年目は少しリッチな生活ができました。
オーストラリアにワーホリで来た当初はタバコが高すぎるので禁煙していましたが、今ではタバコも解禁できるようになりましたw

今はTAFEでアカウンティング(会計)の勉強をしていて、そのまま大学進学も考えています。
英語を習得し、新しいステージに行くのであればオーストラリアでワーホリをするべきです!
FirstClassのスタッフは皆、ワーホリや留学経験者で人生のアドバイスもしてくれるので、進路を決める際は本当にお世話になりました。ありがとうございました。

よくあるご質問

ワーホリ準備に関して

ワーホリで渡航したいんですが、申込みは何ヶ月前にすればいいですか?
ビザの申請などでビザが下りるまでに時間がかかる可能性もあるので余裕を持って6ヶ月前くらいから準備を初めていくのが無難でしょう。理想は3ヶ月〜6ヶ月前です。
ただ、今までのお客様の中に「2週間後にオーストラリア行きのチケットを買ったんですがワーホリサポートは今からでも間に合いますか?」というお客様もいらっしゃいましたがワーホリビザが下りるのが運良くスムーズにいったので問題なくサポートできましたので「2週間後にワーホリ渡航なんですが・・」という方でもギリギリ間に合いますのでご安心を。
ワーホリ出発までの準備期間で日本で買って持っていった方がいいものはありますか?
人それぞれ趣味思考があるので一概には言えませんが、コンタクトレンズ、オーストラリアでは絶対手に入らないような医療薬品(個人のアレルギー対処の物など)、目薬、化粧品、美容品などはワーホリでオーストラリアに着いた後に手に入らなくて後悔することがあります。
しかし、日本の友人や家族に郵送してもらうなど対応している方もいらっしゃいますので、ワーホリ生活に必要最低限の物だけで渡航したほうが莫大な荷物の量にならずに楽でしょう。
ワーホリで渡航する場合、初期費用はどれくらい必要ですか?
ワーホリでオーストラリアに来る場合は学費と渡航費を除いて、最低3ヶ月分の生活費は持って来ておくべきでしょう。シェアハウスで4人部屋とかで住む場合の家賃が月に5万円くらい、生活費(食費&交通費)が月に5万円くらい、その他雑費5万円くらいの余裕を見ておいて、月に15万円くらい考えておけば十分だと思います。月に15万円✕3ヶ月=45万円は持ってきておけば安心してワーホリ生活スタートできるでしょう。
ワーホリでのオーストラリアの渡航先都市はどうやって決めればいですか?
比較的仕事などが見つかりやすいのは大都市になります。シドニーやメルボルン、ブリスベンといったところでしょう。リゾート気分を味わってのんびりした生活を過ごしたい、というかたにはゴールドコーストやケアンズといった都市もいいでしょう。都市をころころ移動するのは費用も時間もかかるので初めから無造作に到着都市を決めるのはあまりお勧めしません。
年末にかけてワーホリに来られる方は、年越しの大イベントがシドニーであったりするのでシドニーを選んで渡航!という方もいらっしゃいます。
オーストラリアで日本人が少ない地域はありますか?
どこの都市にも日本人も中国人も韓国人もヨーロピアンもいます。
日本人の数を気にするというよりかは、自分が身を置く環境を自分できっちり作っていけるか?が1番重要になってきます。英語を話せるようになりたいから日本人の少ない場所でということより、積極的にオーストラリア人やその他のネイティブスピーカーと友好関係を築いていくことの方が重要です。
日本のスマートフォンはそのままオーストラリアで使えますか?
日本で購入されたSIMロックのスマートフォンはオーストラリアのSIMカードを入れて使用することはできません。日本で購入されたSIMロックがかかったスマートフォンは日本国外では基本的には使用することができません。ただWI-FI下だとインターネット/その他アプリ(LINEやFacebook,Twitterなど)を引き続き同じアカウントでオーストラリアでも使うことができます。
スマートフォンはオーストラリアで購入しなければいけませんか?
その必要はありません。SIMフリーのスマートフォンを日本で購入して持ってきていただいても構いません。費用面とスマートフォンのスペック(性能や機能)を考えるのであれば、日本で8,000円〜10,000円くらいでもSIMフリーのスマホを購入できるので、オーストラリアで購入するより費用を抑えることができるでしょう。
ワーホリビザ申請は難しいですか?
自分でワーホリビザ申請をされる場合はマニュアルなどをみて、絶対間違いが無いように気をつけてください。入力にミスがあったり、チェックボックスのチェックするところを間違えるとビザ申請から発行されるまで6ヶ月くらいかかる場合もございます。
FirstClassではワーホリビザ申請の代行もサービス提供しておりますのでお気軽にご連絡ください。

オーストラリア語学学校に関するご質問

オーストラリアで語学学校をどのように選べばいいですか?
自分の目標に合わせて学校を選定するべきです。コミュニケーションやスピーキングに特化したカリキュラムや、TOEICやIELTS、TOEFLなどの試験対策をしたい方はや、将来的にオーストラリアでの進学を考えている方などは選ぶ語学学校も変わってきます。
カウンセラーとじっくり話して、自分の目標を決めましょう!
語学学校はどれくらいの期間通うものですか?
ワーホリビザでオーストラリアに渡航する場合は、最長17週間語学学校に通えることになっています。しかし個人によってバラバラで1ヶ月〜17週間まで、予算や目的に合わせて決められています。17週間以上、語学学校に通いたい方はワーホリビザではなくて、学生ビザでオーストラリアに渡航することで17週間以上の就学が可能です。
我々の見解では、2〜3ヶ月くらい通われる方が1番多いかな?と思っております。
語学学校の1ヶ月のおおよその金額はどれくらいですか?
オーストラリアでの語学学校の学費はスクール、授業(コース)、場所によっても変わってきます。一般的に多くの日本人渡航者が通うオーストラリアの語学学校の学費は10万円/月くらいが平均でしょう。もちろん為替の関係や、上記内容のコースや学校によっても変動があります。
語学学校にどれくらい通えば英語は話せるようになりますか?
語学学校で基礎英語を学ぶことはすごく重要ですが、英語をどこまで話せるようになるかは語学学校の授業カリキュラムだけでは一概に言いきることはできません。
もちろんですが6ヶ月オーストラリアの語学学校で英語を勉強したからと言ってネイティブレベルまで英語を習得することは難しいと思います。
語学学校では英語の基礎をしっかり勉強して、その後の生活(仕事や友人関係)で英語でコミュニケーションが取れるようになるようにしたり、沢山の日本人以外の友人ができる最高の機会になります。学校だけでなくその後の環境づくりを上手く作って英語を話せるように、自分の目標とするところまでいけるように、学校を上手く活用しましょう!

フィリピン語学学校に関するご質問

二ヶ国留学の費用は高額になりますか?
フィリピン留学は費用対効果が高いです。要するに金額は安くて習得できる英語能力は高いです、マンツーマン授業や1日のクラス数、授業時間が長いのが大きな要因になります。
フィリピン留学の1ヶ月の授業料+宿泊費+3食の食事(+洗濯や部屋のクリーニング)を含めて、月12万円〜あります。
フィリピン留学2ヶ月、オーストラリア留学2ヶ月の合計4ヶ月の費用はおおよそ、44万円万になります。※フィリピン留学2ヶ月(=24万円)+オーストラリア留学2ヶ月(=20万円)※渡航費/保険/ビザ代などは除く
フィリピン留学で英語の資格は取得できますか?
フィリピン留学を検索して情報収集している方はご存じの通り、1番人気のフィリピンのセブ島の語学学校だけでも100校以上あります。
その中でTOEIC特化に力を入れている学校も、IELTS,TOEFL,ケンブリッジ検定など英語に関連する資格に力を入れている学校は沢山あります。例えば、フィリピンのセブ島にあるSMEクラシック校という学校はIELTSの公式試験会場にもなっていて、世界中からIELTSの対策で勉強に来られます。
フィリピン留学中にオーストラリアの語学学校の期間を決めることはできますか?
2ヶ国留学で日本から出発し、フィリピン留学→オーストラリアでワーホリというプランの方は、フィリピン留学中にオーストラリアの学校を決められる方もいらっしゃいます。
ただ、遅くてもオーストラリアの語学学校への入学希望の1ヶ月前には学校&コース決定をして申込み手続きをしていかなくてはならないので、フィリピン留学中にバタバタ焦って決定するよりかは事前に決定しておくほうがいいと思います。
留学期間中の住まいはどのような形式ですか?寮ですか?
フィリピン留学では寮タイプ/ホテルタイプなど学校によって提供しているサービスが異なります。殆どが寮タイプで、1人部屋〜6人部屋など部屋タイプを選んで頂けます。
もちろん部屋タイプによって金額が異なりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
フィリピン到着後空港までのピックアップはありますか?
フィリピン語学学校のドライバーと日本人スタッフがお客様の到着までに空港お迎えに上がっておりますのでご安心さい。空港で学校の名前の入った大きなプラカードを持って出口で待っておりますのですぐに見つけていただけるかと思います。
インターネット環境はありますか?
あります。学校によっては各部屋にWi-Fiが備え付いていることろや、Wi-Fiスペースを設けて、Wi-Fiスポットで使ってもらうようにしているところ等、学校によって異なります。
SIMフリーのスマートフォンをお持ちでしたら、現地でSIMカードを購入して安い金額でインターネット使い放題プランなどを購入することもできます。
フィリピン留学のビザは?
お客様にビザの取得をして頂く必要はございません。全て学校側が手配してくれますので、事前に作業していただくことは一切ありませんので安心してください。
日本人の場合は観光ビザで申請無しで入国ができます。その後学校到着後に学校の事務がお客様のビザを学生ビザに申請し発行してくれます。
フィリピンの治安はどうですか?
日本より治安のいい場所は世界中どこを見ても存在しません。日本と比べると治安は悪いです。
ただ、学校は24時間体制で警備員が巡回していますし、そもそも学校や寮は高い門と囲いで覆われているので外部からの侵入はありませんし安全です。
学校は門限があったり、セキュリティー面もしっかりしています。
夜にスラム街や女性ひとりで暗い路地を歩いたりすることは控えましょう。
2016年にフィリピンで新しい大統領に変わってから、麻薬組織の壊滅を進めている状況がありまして、急激なスピードで治安が良くなってきているというのが現状です。

オーストラリア現地生活に関するご質問

オーストラリアで病気や怪我をした時はどうすればいいですか?
日本語対応してもらえる病院も各都市にあります。分からないから病院にはいかない、ということは決してしないで被害や怪我が悪化しないうちに病院にはいきましょう!
どうしたらいいかわからない方は、FirstClassにお問い合わせしていただければサポート致します。
海外保険は加入した方がいいですか?
事前に海外保険に日本で入ってきて頂くことをオススメします。
費用に余裕が無くて、保険に入らないで渡航される方もいらっしゃいますが、もし怪我をして入院とうことになってしまった場合の費用は保険加入の費用と比べものにならないほどの高額になります。クレジットカードに保険が付いているものもありますので、お金に余裕がなかったとても新しくクレジットカードを海外用に発行しそれに付帯している保険内容などもチェックしておきましょう!
オーストラリアの治安はどうですか?
日本国外の諸外国の中での比較的治安はいいオーストラリア!ですが日本の様に落とした財布が交番に届いていた!ということはほとんど有り得ません。置き引き、スリ、車上荒らしなどのは日本にいる時より気を張って気を付けてください。
特に夜の飲み屋街付近(例えばシドニーのキングスクロス)では恐喝や喧嘩、暴行事件なども多いのであまり近づかないようにした方がいいでしょう。
オーストラリアは1年中暖かいですか?
温帯性〜亜熱帯性気候まで日本の21倍の大きさの国なので州によって気候も全然異なります。シドニーやメルボルンだと日本みたいにはっきりしていませんが春夏秋冬があります。
1年を通じて温かい都市はオーストラリアの最北部の熱帯雨林気候性に属するケアンズからダーウィンという都市に掛けての場所になります。
そもそも、オーストラリアは南半球に位置しているので、季節は日本と真逆になりますので「真夏のクリスマス」ということになります。(日本-冬の時/オーストラリア-夏)
オーストラリアにいるワーホリ日本人はみんな自炊とかするんですか?
オーストラリアは日本より物価が高いので、生活費を節約するためにも自炊をする方は多いです。
シェアハウスでも炊飯器やオーブン、調理機器が数多く揃っていることが多く、自炊しているワーホリメーカーが多いです。アルバイト先で賄い(まかない)がしっかり出るところで働いている方も多く、自炊もしたくない、食費も押さえたい人はジャパニーズレストランで働いている方も多いです。
このように生活費を節約する為に自炊する人もいますが、なかなか食べたい味(日本の)が外食では食べられずカレーライスやすき焼きを家で作るといったことも多いです。
日本のタバコはオーストラリアには売っていますか?
答えはNoです。オーストラリアではオーストラリアのタバコあります。値段は1箱15$〜25$くらいです。(1箱20本入り)日本の3〜4倍の値段です。
中国系のお土産店舗で日本のタバコが購入できるとか、できないとか?日本のタバコをオーストラリアで購入したい人はご自身で探してみてください!
ワーホリで日本からオーストラリアに持ち込めない物とか制限かかるものはありますか?
オーストラリアに入国する際にも勿論「検疫」がありますし、持ち物を確認されます。機内でもらう”入国カード”に記載してある内容になりますが、食品・植物・動物製品・薬などが対象になります。入国カードに持っていても持っていないと全て「No」にチェックする方もいますが、申告を忘れたり、嘘をついて虚偽の申請を行った入国者に対して法律違反でその場で逮捕される場合もあります。そうなると「220ドルの罰金を支払いが科される」「起訴され罰金60,000ドルもしくは懲役10年を科される」こともありますので、入国時はきちんとルールを守りましょう!
オーストラリアに持ち込めない食品事例
スナック類
ビスケット、ケーキ、菓子類
インスタントヌードルを含む麺類やご飯類
ソース、ドレッシング、調味料
紅茶、コーヒー、ミロやその他の乳製品
市販薬、処方された薬
タバコ
50本までは免税で持ち込めます。(2箱半)
(注意)51本目からは1本につき0.53733$課金されます。
日本食はオーストラリアで買えますか?
オーストラリアでじゃ日本食品を専門に販売している小さいスーパーやお店もあります。
オーストラリアの大型スーパーでは味噌やマヨネーズその他調味料など揃えてある日本食品のコーナーもありますので、日本から食品を持ってくる必要はありません。
日本の化粧品はオーストラリアで買えますか?
食品と同じく化粧品や美容商品も日本商品を専門的に販売しているお店は存在します。
最近ではインターネットでオーストラリアで販売していない商品を取り寄せることもできます。
オーストラリアではお酒の規制、年齢制限などは厳しいですか?
オーストラリアではアルコール(お酒)に対しの制限やルールは日本より厳しいです。
ただ、日本と違い18歳以上が成人とみなされ飲酒を法律で許可されています。ただ、お酒を提供している飲食店やパブでは入場するのにIDカードの提示が義務付けられているので見た目が30歳でもIDカードを提示しないと入店ができません。

オーストラリアのシェアハウスに関するご質問

シェアハウスは何人でシェアするものですか?
大前提、オーストラリアのマンションタイプや一軒家は日本と比べると広いし、マンションとかだと大体がジムやプール、BBQスペースなどが付いています。
シェアハウスの場合、2LDK/3LDKとかの物件に3人〜8人くらいでシェアしているのが現状です。
1つの部屋に二段ベットを2つ置いて4人住めるようにしていたりも、人数が多いシェアハウスでは見られます。住む人数の多さと比例して、家賃も安くなっていきますので、8人でシェアしているオーストラリアのシェアハウスは、4人しか住んでいないシェアハウスより1人あたりの家賃は安くなっています。
オウンルーム(1人で自分専用の部屋を持つ)を借りる場合は相場だと180$ー250$/週くらいになり、4人でシェアしている人より月に2〜3万円高くなるイメージです。
オーストラリアの家は日本と違う点はありますか?
ジムやプール、BBQスペースが付いていたり、庭が広かったりといったとこでしょうか。
1つの部屋の大きさも日本と比べると広くて、ゆったりしている印象です。浴槽があるタイプの家もありますが基本的にオーストラリアで浴槽を使用している人はあまり聞かないのが実態です。
温泉は日本で存分に入ってきてからオーストラリアに来てください。
入居時に支払うボンドとキーデポジットは何ですか?
ボンドとキーデポジットはお部屋に入居する際にシェアハウスのオーナー、もしくはその家のオーナーに支払うものです。ボンドは日本で言えば”敷金”のようなもので、契約終わり、もしくはその家を退去する際に、住居人本人が物損や問題を起こしていなければ全額返却してもらえます。キーデポジットは鍵をもらう際にオーナーに預ける費用です。キーデポジットも退去時に鍵をオーナーに返却した際に返金してもらえます。
払った、貰ってないなどの口論にならないように、ボンドとキーデポジットを支払った時は、領収書をもらうとか、メールで文書として残しておくとか双方が忘れないように気を付けましょう。
カップルで入居できるお部屋はありますか?
カップルルームを手配することも可能です。カップルルームは1つの部屋を貸し切るオウンルームと同じ条件ですが、バスルームが付いている部屋か?バルコニーはあるか?などご希望の条件を加味して手配が可能です!

オーストラリアのお仕事に関するご質問

ワーホリの日本人はオーストラリアでどのような仕事orバイトをしていますか?
ワーホリの日本人に限らず、ワーホリでオーストラリアに来ている全ての国の方も仕事内容は同じようなものです。レストランやカフェなどの飲食店、スーパーやアパレルなどのショップ店員、ホテルなどでハウスキーパー、引っ越し業者、オフィスで事務員、営業、マーケティング、などなど日本でのアルバイトと職種は変わりません。初めてワーホリでオーストラリアに来て、まだ英語に自信がない方はワーホリ初めは日本食レストランで日本人のいるところでアルバイトスタートされている方が多いです。
給与はどのくらいですか?一ヶ月でどれくらい稼げますか?
オーストラリアの時給が日本と比べて1.5〜2倍くらいになります。職種にもよりますが、日本食レストランなどでオーストラリアの週5出勤/1日8時間勤務で600$/週くらいが相場だと思います。オフィスワークだと、時給25-35$くらいになるので、レストランアルバイトの2〜3倍くらいの収入になることになります。
オフィスワークの募集などはありますか?
オフィスワークの募集もございます。特にウェブデザインやプログラマー、マーケティングなどの経験や実績がある方はシドニーローカルオフィスなどからのオファーもあったりします。
是非シドニーのローカルオフィスでも日本での経験を活かして挑戦してみてください!
ホテルインターンは本当に稼げますか?
ホテルインターンは以外と稼げないというのが現状であったりします。
ホテル側のシステムにもよりますが、時給21$くらいで高額な時給設定にはなっていますが、1部屋のクリーニングを終えて25分の時間をGETというように自分が掃除した部屋の数によって働いた時間が決まるので、自分がホテルで働いた合計時間が7時間でもGETした時間が3時間ということも日常で、思っているより稼げないという現状があります。
セカンドワーホリビザ取得するためにはファームに絶対行かないと駄目ですか?
セカンドワーホリビザを申請するのに、オーストラリア行政が指定した場所で88日間以上の勤務が義務付けされています。そのほとんどがファームになりますが、向上や資源採掘の施設、クロコダイルの飼育園なども指定場所になっていたりしましす。
ファームジョブは稼げますか?
場所/条件によりますが、時給制の場所でシーズン中だと多額の収入と貯金ができたという声もFirstClassのお客様の中でいらっしゃいます。
給与形態は歩合制と時給制、仕事内容はピッキングやパッキングなど条件も多種多様なので、自分にあったお仕事を見つけて88日間働けるように心がけることが重要です。

ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学終了後の進路に関して

ずっとオーストラリアに住み続ける方法はありますか?
ビザ無しでオーストラリアに滞在することは不法滞在になります。ワーキングホリデー(ワーホリ)でオーストラリアに2年滞在した後に、次は学校に通って勉強するために学生ビザに切り替えて継続して滞在される方はいらっしゃいます。その後、大学に進学して卒業し永住権を取得する、もしくは結婚して永住権を取った、ということもあります。
長期滞在は学生ビザ、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ、ビジネスビザなど組み合わせることで可能にします。
オーストラリアワーホリから日本に戻った後の就職などは難しいですか?
オーストラリアワーホリでどのような経験を得たかによってその機会は変わるでしょう。日本では英語が堪能な日本人を必要としているのは事実です。英語を伸ばしながらオフィスワークや、現地インターンなどで経験を積んで、資格なども取得し日本に帰国すると就職先の選択肢も増えるでしょう。
オーストラリア以外の国でワーキングホリデー(ワーホリ)で入国はできますか?
もちろん可能です。
ワーキングホリデー(ワーホリ)制度で日本人がビザ取得できる国は、下記の通りです。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポルトガル、ポーランド、スロバキア、オーストリア※2016年度最新
ワーキングホリデー(ワーホリ)後の大学や専門学校への進学はサポートしてもらえますか?
もちろんです。大学やTAFEなどの専門学校、ビザ取り学校、その他プライベートスクールなどオーストラリアにある全ての学校の手配が可能です。